京つう

  ショップ  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2014年04月26日

旅のお供に、お家でも。


こんにちわ!グラスアイケア スタッフブログですface02


いよいよ始まりました、ゴールデンウィーク!有給休暇を利用して、11連休っていう人から

私と同じで、ずっと仕事だという人まで様々ですが、たまには温泉でも行って、のーんびり

したいですねface05


でも、せっかく眺望のすばらしい露天風呂に入っても、近視の方は遠くが見えにくいし、メガネを

掛けて入るとレンズがダメになるかもで、楽しみも半減してしまいますよねface07


で、こんなんどうでしょうICON116



「Iicon06NY」をもじってますが、「アイ・ラブ・入浴」っていう商品名ですface10


露天風呂の眺望もそうですが、有る程度以上の近視になると、足元なども見えにくいので、

洗い場の床に石鹸なんかが落ちていて、気が付かずに滑って転んでしまったりするかも

知れませんface08


このメガネは、レンズに度数が入っていて、-3.00、 -4.00、 -5.00、 -6.00 の4タイプ

の度数から選べるようになっています。

フレームは、熱に強く、弾力性があり変形しにくい「TR90」素材で、またネジを一切使わず

錆びたりする心配もありません。

レンズも、一般的なレンズよりも曇りにくい、防曇コートが施されています。


温泉だけじゃなく、家のお風呂に入るときでも、お風呂での「見えない」を解消してくれる

お風呂メガネ、「こんなの欲しかった!」っていう人、多いのではないでしょうか?




京都・北山に近いメガネ販売店
   グラス・アイケア
  075-701-1221

http://www.glass-eyecare.jp/



  

Posted by アイケアコンタクト  at 16:54Comments(0)商品のご案内

2014年04月22日

赤ちゃんの目


こんにちわ!グラスアイケア スタッフブログですface02


赤ちゃんの目って、ピュアで、澄んでいて本当に綺麗ですよねface01

じっと見つめられるとこちらまで心が洗われるような気がしますface06



私の娘もそうだったのですが、「何か目が内側に寄ってる?」って思ったお母さん、多いのでは

ないでしょうか?


赤ちゃんの顔は、目頭と目頭の間隔が広い場合があり、目が鼻側に寄っているように見える

ことがあります。

これは仮性内斜視といって、多くの場合、成長につれて自然に普通になって行きます。

また、赤ちゃんのうちは遠視で、いつも調節機能を強く働かせているため、内斜視になることが

あります。これは調整性内斜視で、遠視のメガネをかければ治ります。


自然に治る程度の斜視なのかどうか、赤ちゃんは自分ではわからないので、“変だな”と思ったら

早めに眼科医に診てもらう事が大切ですね。



京都・北山に近いメガネ販売店
   グラス・アイケア
  075-701-1221

http://www.glass-eyecare.jp/



  

Posted by アイケアコンタクト  at 17:23Comments(0)眼のお話し

2014年04月18日

眉間にシワができるのは…


こんにちわ!グラスアイケア スタッフブログですface02


普通にしているのに「怒ってんの?」って言われたり、女性の方だと、せっかくかわいい

メイクをしてきたのに、なんだか怖い顔に見えてしまったり、眉間にシワが出来てしまうと

損なことばっかりですよねICON46

人相学の分野では、「不幸を呼ぶ悪相」なんだそうですよface07


そんな「眉間のシワ」が、なぜできるのか?

シワが出来るのは、、乾燥肌や、コラーゲン不足がシワの原因と言う事は、良く知られていますが、

眉間は、もともと皮膚が薄いので、何度も何度もシワを寄せていると、日に日に深いシワ

となっていきます。


悩み事を抱えて深刻に考え込んでいるときや、見たい物がよく見えない時に眉間にシワを寄せて

しまいます。


そういう時は、新しいメガネを作って、気分をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?ICON98icon12

度数も合わせなおして、よく見えるようになると、眉間にシワを寄せることも少なくなって

表情も明るく、印象も一段と良くなりますよface01





京都・北山に近いメガネ販売店
   グラス・アイケア
  075-701-1221

http://www.glass-eyecare.jp/



  

Posted by アイケアコンタクト  at 18:20Comments(0)ちょっとした話し

2014年04月14日

レンズもカラフルに


こんにちわ!グラスアイケア スタッフブログですface02


朝晩は、まだ冷えますが、日中はかなり暖かくなりましたねicon01


山の緑色も濃くなり、家々の庭の花たちも咲いて、街がカラフルになってきましたface01

メガネを淡いカラーレンズでお作りになるお客様も、これから多くなって来ると思いますICON98


レンズのカラーは、おしゃれだけでなく、色によって特徴があります。

●黄色いレンズ
 黄色いレンズは、見え方を明るく鮮明にしてくれます。曇天、霧の日の運転やスキーなどに便利です。

●ブラウン系のレンズ
 強い日差しの下では、まぶしさを防ぎ、熱線もカット。日陰でも明るく見え、用途の広いレンズです。

●グリーン系のレンズ
 短波長の紫系の色、長波長の赤系の色、両端の色の吸収率が高いので、ソフトな見え方になります。

●スモーク(青灰色)のレンズ
 可視光線の全域にわたって、均等に色を吸収。全体に暗くなりますが、明るいところでは色の区別が

 つきやすくなり、まぶしさも押さえてくれます。


レンズのカラーを選ぶ時に、用途に応じて、こういう色の性格も知っておくと、おしゃれにも

趣味のときも、日常にも、より使いやすいメガネが出来上がりますよICON98icon12




京都・北山に近いメガネ販売店
   グラス・アイケア
  075-701-1221

http://www.glass-eyecare.jp/



  

Posted by アイケアコンタクト  at 17:02Comments(0)ちょっとした話し

2014年04月10日

海を渡った桜たちも元気です!


こんにちわ!グラスアイケア スタッフブログですface02


昨日は定休日でしたので、娘を車に乗せて、あちこちの桜を見に行ってきましたICON144ICON144


満開を少し過ぎて、一部は葉桜になって来ていましたが、どの花も綺麗に咲き誇って

おりました。

今年の桜はこれで見納めになりそうですが、良い目の保養をさせていただきましたICON44




こちらの写真は、ワシントンD.C.のナショナル・モールの桜です。ちょうど今が見ごろだそうで、

今週末ぐらいに満開になりそうだということです。


今から100年ほど前に、3000本余りの桜の木が、日本から送られ、ここに植樹されたそうですface01

今ではワシントンの名所となっていて、たくさんの人が、桜を楽しみに来るそうですICON144


さすがにレジャーシートを敷いて宴会する人は居ませんがface03

アメリカの人たちも、桜を見に出かけるんですねface01

桜の花の美しさは、国境や文化の違いも飛び越えてしまうんだなと思うと、なんだか嬉しくなりましたICON44




京都・北山に近いメガネ販売店
   グラス・アイケア
  075-701-1221
http://www.eyecare-cl.jp/ge/index.html

  

Posted by アイケアコンタクト  at 16:28Comments(0)雑談ですが…

2014年04月06日

涙のこと


こんにちわ!グラスアイケア スタッフブログですface02


悲しい時、くやしい時、うれしい時、喜怒哀楽が爆発した時に涙が出ますICON46

楽しくて笑いすぎても涙が出ますよねface02


そんな涙は、実は目にとって、とても大切な役割を果たしてくれているんですよ。

涙は眼球の乾燥を防ぎ、うるおいを保つように、常に涙腺から分泌されています。

眼球を覆う涙の層は、実は三層構造で、目を守っています。最表層は"表在性油層"、

次に"涙液層"、最後が"粘液層"。

表在性油層は、まぷたのふち(マイポーム腺)から分泌された脂で、涙の表面を薄い膜で覆い

蒸発を防いでいます。粘液層は結膜から分泌された粘液(ムチン)が角膜表面と粘着し、

涙液層が流れ落ちないようにしています。

涙液層の成分は98%が水。ほかにナトリウム、カリウム、カルシウムなどの塩類、蛋自質、

免疫蛋白、殺菌牲のあるリゾチームという酵素などが含まれています。さらに、まばたきを

することで、目の新陳代謝による老廃物やはがれた上皮細胞などが洗い流され、新しい涙と

交換されます。

涙は、目に入ったゴミを洗い流し、角膜に酸素や栄養を届け、細菌を殺し、目が鮮明な像を

結べるよう角膜の表画を滑らかにしてくれているんですよ。

涙って、目には無くてはならない存在ですねICON46涙くんに感謝感謝ですface01




京都・北山に近いメガネ販売店
   グラス・アイケア
  075-701-1221
http://www.eyecare-cl.jp/ge/index.html


  

Posted by アイケアコンタクト  at 17:27Comments(0)眼のお話し

2014年04月03日

メガネは、暑いのが苦手です。

こんにちわ!グラスアイケア スタッフブログですface02


消費税増税前の駆け込み需要で忙しくしてましたら、あっという間に2週間の時が経ち、

久しぶりのブログ更新と、あいなってしまいましたface07


ここ数日、どんどん暖かくなってきましたね、北山あたりの桜もほぼ満開になっていますICON144ICON144

ぽかぽか陽気に誘われて、どこかへ出かけたくなりますねicon16


でも、これからの季節、メガネにとっては、苦手なシーンが増えてくるんですface04


実は、プラスティック製のメガネレンズは熱に弱く、約60℃以上の熱にさらされると、表面の

コーティングに無数のヒビ(クラック)が入ります。

あと、毎日くり返し、お風呂なんかで40℃ぐらいのお湯でメガネを洗っていると、そのうち

クラックが入ります。


いちばん多いのは、車のダッシュボードの上にメガネやサングラスを置いていてクラックが

入ったというケースです。

あと、メガネを掛けたままサウナに入ったり、ドライヤーの熱風がしばらく当たった時や、

バーベキューの時に、具財の焼けぐあいを確認した時や、海へ行って、まともに直射日光に

当たるところにメガネを放置した時などなど、メガネにとっては危険がいっぱいひそんでいますface07


レンズは一度クラックが入ってしまうと、もう元には戻りませんので、じゅうぶんお気をつけ

くださいねICON98


メガネを危険から守ってあげて、海へ、山へ、楽しい季節を満喫してくださいねface02




京都・北山に近いメガネ販売店
   グラス・アイケア
  075-701-1221
http://www.eyecare-cl.jp/ge/index.html

  

Posted by アイケアコンタクト  at 17:48Comments(0)ちょっとした話し